フリーターの転職活動はどうやるの?

アルバイトをメインで働いているフリーターの転職活動は正社員として働いている場合よりも簡単です。
働いている時間にもよりますが、フリーターという立場上仕事の休みをもらうのは正社員よりも簡単だと思います。
就職情報誌を買って求人情報を調べたり、インターネットで調べたり、いろんなツールがあります。

正社員への転職を目指している場合は、最寄のハローワークに出向き求人登録をしましょう。
自分の情報を登録して求人を探している企業からのオファーを待つことも可能です。
ハローワークに登録すると地元の求人情報を調べることができ、気に入った求人があれば紹介してもらうこともできます。
ハローワークは公的な機関なので求人票に記載されていることに嘘はありません。
求人情報誌やインターネットの求人サイトだと、実際に面接に行ったら掲載されていた条件と違っていたということが多々あります。
正社員への転職を目指すのであればハローワークで転職先を探すのが一番安全で安心です。

また、フリーターという立場で考えると気にいった企業のアルバイトの募集が出たらいったんアルバイトで入社することもできます。
アルバイトとしてその企業の仕事をして実際に体験できます。
そこでの仕事ぶりが社員の方に認められればそのまま正社員登用ということもあり得ます。

他にも派遣会社に登録して希望の企業で派遣社員で働くことも選択肢の一つです。
派遣社員で働きながらそこの正社員の人と人脈を作り、上の立場の人と人脈を作ることもできます。
派遣社員での仕事が認められれば、正社員として採用される場合もあります。

フリーター=一つの企業で長く働くことができない人材というイメージが昔はありましたが、逆にそれを強みとし面接でアピールしましょう。
いろいろな職場での様々な経験を生かすことができることや、そこでの体験談を語りアピールすることで強みにもなります。
まだ、自分の本当にやりたい職業が見つからない場合はそのままフリーターで経験を積んでいくのも良いでしょう。


このページのトップへ