転職 30代、思い切って独立開業しました

転職 30代の経験者ですが、私の場合それまで勤めていたエステサロンを辞めて、自分の地元で個人サロンを開業したのがちょうど30歳になった年の事でした。

もともと働いていたサロンは自分が顧客として通っていたお店だったのですが、29歳で離婚をした時にオーナーから声をかけていただき未経験で飛び込んだ美容の仕事が、自分の天職となるとは思いもしていなかったです。
そのお店はすごく忙しくて、いわゆるブラック的な働き方をさせられるサロンであった為、私が働くことになった背後にはスタッフ不足があり、私を教え込めば辞められるという前任者がいたような状況でした。
そういったいきさつがあったので本当にスパルタ式で知識や施術を詰め込まれ、数か月でお店をほぼ自分が回すような感じになっていたのですが、やはり休みもほとんどなく身体を壊しかけたこと、そして引き取った子供たちのそばにいれずほとんど実家の両親任せにしてしまっていることに対する疑問や不満の気持ちが大きくなってしまい、一年で自分のサロンを開くことを考えました。

実はそれまでに出勤前や休みの日を使って、ママ友たちに格安で施術を行ったりしていて、ママ友ネットワークでどんどん口コミで広がっていたので、新規顧客の獲得にはあまり不安を抱いていませんでした。
サロンもアットホームな雰囲気にしたかったので初期投資もそれほどかけることなく始められました。
ただ自分でお店を持つと時間を有効的に使える反面、残業や休日返上でも働いてしまうので、体力的なきつさは以前と変わらないかもしれません。
でも、自宅のそばで開業したのでいつでも子供が立ち寄れるし、学校にもすぐに駆け付けられるし私的にはこのスタイルが非常に最適でした。

今はもう子供たちも成人し社会人となったので、私の年齢も50前ということもあり、仕事を縮小してゆっくりしたくて、ちょうど4年前に店舗を閉めて自宅の一室を使って既存客だけの対応にしています。
お客さんもほとんどが10年以上のお付き合いの方ばかりなので、ストレスなく働けるようになりました。


このページのトップへ